選択されているタグ : 輸入代行 , パピー

カノンママのパピー時代の写真(スウェーデンにて)
この時からレバーコートが綺麗で、骨格構成も抜群。
懐かしいです。


カノンパピーズ今日の1枚。
位炉端会議中・・・・


大雨のピークが過ぎたようですが、各地でかなりの被害が出ているようですね。
昨日所用で京都~大阪へ行きましたが、
新幹線からは異常に水かさが増した川や山が崩れた跡などを見かけました。
交通機関の乱れも残っており、被害の大きさを痛感。
あらためて、被害者の方々へ衷心よりお悔やみを申し上げると共に、
被災された方々の1日も早い安穏をお祈り申し上げます。

さて、週末ですが、シロン君がBabyクラスでショーデビューを果たしました。
結果はBIS Baby 3rd !! (オールブリードベビークラスで3位)
大変素晴らしい結果です。
関係者の皆さん、本当におめでとうございます。

ショーに出すメリットは色々ありますが、最大のメリットは社会性の強化にある思います。
沢山の人や犬達の中で、如何に冷静に立ち振る舞うことが出来るか、
また初めて見る審査員から触診と言って、身体中を触られるわけですが、
この間も、大人しく受けなければいけません。その他にも、自分の出番が来るまで、大人しく待つ忍耐力も求められます。
このような経験が素晴らしい家庭犬のベースを作る上で大切になってきます。

 


新規輸入サポートのご依頼です。
今回も専門性が高く、簡単ではない案件ですが、確実、スピーディーにゴールを目指します!


 


外遊びの後はぐっすりです。


日本では危ない犬種と言われているような「ピットブル」「ジャーマンシェパード」が
人混みの中を平然とノーリードで歩行しているイタリア。
レストラン、スーパーなども基本的には犬と一緒に入店できます。

とにかく、犬が好きなイタリア人!
飼育率も国民全体の40%弱。因みに日本は17~20%。
日本の半分ほどの人口で日本の倍以上の飼育率ですから、如何に犬好きか分かりますね。

因みにイタリアではマイクロチップの装着が義務付けられています。
獣医さんで装着し、チップ番号を行政に登録する流れです。
EU国内の行き来をスムーズにする犬専用パスポートを発行する際にもマイクロチップは必要です。

マイクロチップは飼い主と愛犬を結びつける便利なツールである一方、
無責任な捨て犬を防ぐ意味でも有効な手段だと思いますので、日本でもぜひ広まって欲しいものです。

※マイスターのパピー達はすべてマイクロチップを装着した状態で譲渡しております。


 

 

 


エステルパピーズ、今日の1枚。


Informationお問い合せ

ご質問やご依頼はお気軽にお問い合せください。

メールでのお問い合せ

TEL:080-4528-9197

受付時間 10:00〜17:00(休:土日祝)

ページの先頭へ