選択されているタグ : 輸入犬

先日、ほっこりするようなお問合せを頂きました。

「私が将来幸せな環境が作れた時はマイスターさんに犬を輸入して頂きたいです!」

メールの発信者は医学部を目指す女子高生。
 

夢を口にすることは「実現」への第一歩!と言いますが、目標を持つことは楽しいし、
人によってはそれが目の前の大きな「壁」を乗り越えるパワーになることもあります。

 

この話も以前にブログアップしたことがありますが、
今から7年ほど前にも今回と同じような学生さんに出会ったことがあります。

その方はもう少し年齢が上で獣医学部に通う大学生でした。

「私は獣医師を目指す学生です。欲しい犬がいます。もし将来私が獣医師になれた時は、

マイスターさん、その犬の輸入をサポートしてください!」

それから数年後、

「数年前にメールをした〇〇です。無事に獣医師になれました。犬の輸入サポートしてください!」

有言実行されたのです。

 

今回の学生さんもそうですが、こういう若い方は精一杯応援したくなります。

 

そして我々も若い方に負けないように、

勉強でも仕事でも遊びでも、目標を持って、そこに向かってたゆまぬ努力をしていきたいものです。


イタリアのジオット君のショー結果。
2日間のショーにチャレンジし、
初日はBOB&CACIB
二日目はRisCACIB

ジュニアクラスからアダルトクラスに上がったばかりですが、上々のスタートです!
おめでとうございます。

 


フラットじゃないですよ~
7月に誕生したベルジアンシェパードのパピーです。
両親一流血統で、将来が楽しみな女の仔。年末に日本へ輸入予定です。

また先日ご相談があった日本では登録数ゼロの珍しい犬種。
正式に契約締結し、いよいよ始動です。

 


ヨーロッパでボーディング中、来月輸入を控えたスティーナちゃんの輸入調整が大詰めです。
フライト調整は勿論のこと、検疫所への申請、書類作成の念入りなレクチャーなど、諸々気を遣います。
併せて、今回は特殊なケースで、三ヶ国貿易のようなスキームを組む予定で、益々大変です。
一方で、新規の輸入犬相談も・・・
日本では登録数ゼロ!という日本では珍しい犬種。毎回のことながら難易度が高そうな案件です。
因みに、現在FCIが公認している犬種が340犬種ほど、内、JKCに登録されている犬種は40%に満たない130犬種ほど。
半分以上は日本未登録犬種ということになります。
世界は広いです。


イタリアでショーチャレンジ中のGiotto君。
週末は3daysのショーにエントリーし、見事「Marche Winner」獲得。
これでジュニアクラスは全て終了で、いよいよアダルトクラスにチャレンジです。

 


Informationお問い合せ

ご質問やご依頼はお気軽にお問い合せください。

メールでのお問い合せ

TEL:080-4528-9197

受付時間 10:00〜17:00(休:土日祝)

ページの先頭へ