選択されているタグ : 輸入代行

夏に契約締結した輸入犬のパピーが決まりました。
ノバスコシアダックトーリングレトリーバー、チェコスロバキアンウルフドッグ・・・と、
過去にも珍しい犬種の輸入に成功してきた弊舎ですが、今回も日本にはいない大変珍しい犬種のご依頼でした。
過去、日本に輸入されて来なかったのにはそれなりの理由があるわけで、調査、交渉にはかなりの時間を投じましたが、
無事に決定し、オーナー様に良いご報告出来たことに安堵しております。

 


来月出産予定のシーラママ、順調です!


新規輸入犬契約を無事に締結。
オーナー様の輸入サポートは今回で二頭目。
今回はショードッグとは別の世界の血統で、課題も多いですが、やりがいのある案件です。
お披露目出来るかどうか判りませんが、貴重な血統ですので、今後のアップをお楽しみに!

 

 


出産まであと1ヶ月のシーラママ(ノバスコシアダックトーリングレトリーバー)
2度目の出産ということでリラックスした様子で妊婦生活を過ごしております。
今回も頭数があまり期待出来ず・・・ですが、全頭、元気に育つよう、
しっかり栄養を摂らせ、万全の状態で出産に挑みたいと思っています。

 


こちら(リアム君)も来年の交配に向け、しっかり身体を作っています!
 


フィンランドやってきたルナちゃん(JKCドッグショーチャンピオン、トレーニングチャンピオン)
スウェーデンからやってきたレオ君(JKCドッグショーチャンピオン)
ルナちゃんはトレーニンググランドチャンピオンまであと一歩。
レオ君はトレーニングチャンピオンを目指しオーナーさんと日夜特訓中とのこと。
国際色豊かなファミリーです!


輸入犬相談が増えております。

弊社の輸入犬サポートサービスは、オーナーさんと海外ブリーダーさんを繋げる「架け橋」ですが、

コミッションベースで動くサポートエージェントという立場で、
実務的には商社、マーケティング、法務、ロジスティックスとワンストップでサポートしていきます。

稀に通訳(翻訳)だけして欲しいとか、輸送だけして手伝って欲しい、という相談を受けますが、
ガバレッジの問題もあり、容易に承ることは出来かねます。

 

因みに、個人輸入と引き合いに出される方が混合することですが、
国際取引というのは、英語が出来ればいいという単純なものではありません。
もちろん、相手(海外ブリーダー)が輸出に慣れた方で金銭目的の売買であれば、
最低限の知識と諸手続きを踏み、機械翻訳レベルでも十分取引可能ですが、
弊社の場合はハードルの高い案件が多い為、

リサーチ力、ネットワーク力、実践力、実務経験、ビジネス面ならびに専門的な観点でのサポート力など、
様々なリソースが合わって成し遂げられることで、だからこそ、海外のブリーダーさんからの相談も多く、
アドバイスをさせて頂く機会も多い現状です。

 

どのような案件も臨機応変に対応いたしますので
海外から犬をお迎えになりたい方、ご興味がある方など、お気軽にご相談ください。

 


2016年に日本に初めて輸入されたチェコスロバキアンウルフドッグのゾラちゃん


Informationお問い合せ

ご質問やご依頼はお気軽にお問い合せください。

メールでのお問い合せ

TEL:080-4528-9197

受付時間 10:00〜17:00(休:土日祝)

ページの先頭へ