選択されているタグ : 北欧

先日、ドッグゲートを新調したのですが、このドッグゲートが優れもの。

最近は日本車でもワゴン専用のドッグゲートを出し始めましたが、Volvoのドッグゲートは定番アイテム。
トランクにフィットする独自のデザインを採用、全面スチール製でコンパートメント仕切りになっており、
2頭又は片方を荷物入れに出来ます。脱着も簡易的で、鍵付きのロックまで付いています。
メーカーの衝突安全要件を満たした安全性の高いドッグゲートで、人間のみならず、走行中の愛犬の安全も守ってくれています。

 

因みにVolvoは、3点式シートベルト(現在どの車にも装備されている一般的なシートベルト)を
世界で最初に採用したメーカーなんだそうです。

また「ベンチレーション機能」という車のシートから冷風が吹き出る装備があるのですが、
他社は快適さを売りにしたハイレベルなオプションとして提案しているのに対し、
Volvoは背中を一定の湿度に保つことで眠気を防止する安全性を本来の開発の目的にしています。

その他、さまざまセーフティ機能を開発し、2020年までにVolvo車での死亡・重傷者をゼロにする目標を立てており、
Volvoの安全に対するこだわりは世界一かもしれません。


週末は海外組が大活躍!
先ずは、ロシアのシロン君(Meister JP Excellent Performance)
ベラルーシで開催されたショーでベストパピー(パピークラス1位)受賞!!

続いて、ベルギーのパディ君(
CIE CIB BEJCH FRJCH NLJCH Trialer'17 Meister JP Diamond Passion Cut)
オランダで開催されたショーでBOB(フラット部門1位)受賞!!
ダブルオーナーさんから速報が入り、喜びを共有した週末でした。
皆さん、おめでとうございます!!


 


あっという間に9月です。
マイスターにとって9月は思い入れが強い月、
8年前の9月はスウェーデンで初めてワーキングトレーニングを受講。
友人のKarin氏の下で約1週間、ワーキングテストを見学したり、
森の中での基礎トレーニング、パピートレーニング、

最後は湖で実際にグースの群れをターゲットにした実践トレーニング。
「遥々ガンドッグトレーニングにやってきた日本人!」と地元新聞にも取り上げられ、
大変な話題にもなりました。
フラットとの付き合い方の全てを学んだ貴重な経験で、マイスターの歴史に刻まれた大切な1頁です。

 


2014年にスウェーデンアルマンザ犬舎へ譲渡したカノンパピーズのゼッサちゃん(先頭を走る仔)
週末のショーでベストビッチ3席入賞!
今年はアルマンザ犬舎での交配も控えているので、チャンピオン完成が急がれます。
頑張れゼッサ!!

 


あっという間に7月最後の週末。

今年の7月は異例の速さでの梅雨明けから始まり、いまだ傷跡が残る西日本豪雨、
マイスターファミリーさんの中にも生活でご不便されている方がいらっしゃり、息災安納を祈りばかりです。
そして、連日の猛暑、この地方も連日38℃超え、人も犬も例年以上に夏バテ対策に気を遣っています。
また世界を見渡しても、アメリカのカリフォルニア州では52℃(摂氏)を記録、
弊舎友好国スウェーデン記録的な暑さと大規模な山火事が発生、近隣諸国が消火応援に駆け付ける非常事態に。
ロシアでも山火事が多発していると聞いており、世界的に今年は大変厳しい夏になりそうです。




 


Informationお問い合せ

ご質問やご依頼はお気軽にお問い合せください。

メールでのお問い合せ

TEL:080-4528-9197

受付時間 10:00〜17:00(休:土日祝)

ページの先頭へ