選択されているタグ : 出産情報

獣医師でもあるマイスターファミリーさんが誕生させ、
プレゼントして下さったロシアのドミトリ理論に基づく選択育種によって誕生した先天的に人馴れしたスナネズミちゃん。
ペットショップで販売しているこの種のエキゾチックアニマルの多くはこれほど人馴れしていません。
人馴れしていたとしてもそれは個体選びで運が良かっただけ。

私はいつも血統の重要性を説いていますが、我々が行う犬のブリーディングもこのスナネズミちゃんと同じようなものです。
犬の場合はスナネズミちゃんよりも更に複雑で、ビジュアルの良し悪し、メンタルの強弱、能力の高低、病気リスク・・・など、
子孫へ伝達する遺伝子を分析し、選択育種をして、素晴らしいパートナーになる「金の卵」を誕生させているわけです。

また、その「血統」は各ブリーダーが長い年月をかけて築き上げてきた家宝のようなもので、
ブリーダーによってはその取扱いについて厳しく管理しています。
誰でも扱えるわけではなく、限られた(信頼された)者がその血統を活用し、種の維持向上のために日夜努力を続けているわけです。

以上、血統の重要性について、少しでも理解して貰えれば幸いです。


 


ワクチンの副作用もなく、全頭順調です。


今日はパピー達のワクチン接種&マイクロチップ装着。
マイスターのパピー達は全頭「個体識別」され、マイクチップが装着されています。

毎回のことながら、獣医さんも「相変わらず凄いフラットですね」と驚いていました。

これで数日様子をみて、いよいよ誰がどのファミリーに巣立っていくか、見定めです。


 



身体の動きと知能は非常に密接で、特にパピー時期のその重要性は計り知れません。
「優れた知能は活発な身体に宿る」と言われますが、なぜ、マイスターのフラットは訓練能力が高いのか?
その理由はマイスターの育児メソッドに秘められています。

因みにこれは人間の赤ちゃんにも言えることだそうです。
幼児期の運動の重要性について、世界では沢山の研究がされています。
我が家の息子もドーマン博士の指導に沿い、乳児期から実践を重ね、生後5ヶ月でつかまり立ちを始め、1歳でテニスが出来るまでに。
おそらく平均的な赤ちゃんとは違う発達だと思います。
最近の話では、先週、自転車の補助輪を外し、乗り方を説明してトライさせたところ、全く練習しないでスイスイ乗り熟しました。
またヴァイオリンを習っていますが、その正確性は並外れており、
世界の名立たる有識者は息子のことを「天才児」「将来のスター」だと呼んでくださっています。
息子のことを客観的に分析をしながら感じることは、恐らく
自転車もヴァイオリンも脳から発信された指令に対し、
身体の各部位が瞬時に的確に行動を起こすことが出来ているのだと思います。
細胞レベルの超ミクロ的世界の話ですが、この僅かな差がパピー、赤ちゃんの無限の可能性を引き出すポイントだと思います。

この話をすると長くなるので、またの機会にアップします。


久しぶりに纏まった雨の週末。
運動盛りのパピー達はエネルギー不完全燃焼で退屈。
今週はワクチンも控えており体調崩すわけにはいきませんから、暫し我慢です。
 


この時期になると運動欲求が強まり、身体も日に日に大きく成長します。
運動機能も高まり、草木を咥えてレトリーブの真似事のようなことをするなど、
徐々に「レトリーバー」に変身していきます。

とはいえ、ママのおっぱいが恋しく、
ママが寄って来ると勢いよく乳に群がる姿はまだまだパピーです。


Informationお問い合せ

ご質問やご依頼はお気軽にお問い合せください。

メールでのお問い合せ

TEL:080-4528-9197

受付時間 10:00〜17:00(休:土日祝)

ページの先頭へ