MEISTER JP BLOGマイスターの独り言

イエローカラー

フラット愛好家の皆さんはご存知のようにフラットの毛色は三色あります。

・ブラック
・レバー(チョコ)
・イエロー

このうち、スタンダード(標準)として認められているのはブラックとレバーのみ。
イエローはスタンダードとして認められていません。
認めない理由として、世界のブリーダーの中には、健全性の問題を主張する方もいますが、
獣医学的根拠は見当たりません。
ゴールデンレトリーバーとの差別化というところが無難な理由だと思いますが、
理由はともあれ、スタンダードに沿ったブリーディングをしていくことが、
種の保存、血統の維持向上という点では大切なことだと思います。

イエローを作らない方法は色素検査を実施することです。
ただ、検査の精度は100%ではありませんので、検査をしても、生まれてしまうことは稀にあります。
その場合は、ドッグショーに出す、子孫を残す(繁殖に使う)ことは出来ませんが、
家庭犬として飼うことは全く問題ありません。

先月、海外の仲間の犬舎で不運にもイエローフラットが出てしまい、相談を受けました。
真面目なブリーディングを心掛けている方なので、不運としか言いようがありません。
でも、可愛くて、骨格構成もしっかりしたパピー達なので、
家庭犬して大切にしてくれる家族とご縁が結ばれていくことを願っています。


MEISTER JP BLOG のトップへ戻る

Informationお問い合せ

ご質問やご依頼はお気軽にお問い合せください。

メールでのお問い合せ

TEL:080-4528-9197

受付時間 10:00〜17:00(休:土日祝)

ページの先頭へ