MEISTER JP BLOGスウェーデン

スウェーデンの安全性への意識の高さ

先日、ドッグゲートを新調したのですが、このドッグゲートが優れもの。

最近は日本車でもワゴン専用のドッグゲートを出し始めましたが、Volvoのドッグゲートは定番アイテム。
トランクにフィットする独自のデザインを採用、全面スチール製でコンパートメント仕切りになっており、
2頭又は片方を荷物入れに出来ます。脱着も簡易的で、鍵付きのロックまで付いています。
メーカーの衝突安全要件を満たした安全性の高いドッグゲートで、人間のみならず、走行中の愛犬の安全も守ってくれています。

 

因みにVolvoは、3点式シートベルト(現在どの車にも装備されている一般的なシートベルト)を
世界で最初に採用したメーカーなんだそうです。

また「ベンチレーション機能」という車のシートから冷風が吹き出る装備があるのですが、
他社は快適さを売りにしたハイレベルなオプションとして提案しているのに対し、
Volvoは背中を一定の湿度に保つことで眠気を防止する安全性を本来の開発の目的にしています。

その他、さまざまセーフティ機能を開発し、2020年までにVolvo車での死亡・重傷者をゼロにする目標を立てており、
Volvoの安全に対するこだわりは世界一かもしれません。


MEISTER JP BLOG のトップへ戻る

Informationお問い合せ

ご質問やご依頼はお気軽にお問い合せください。

メールでのお問い合せ

TEL:080-4528-9197

受付時間 10:00〜17:00(休:土日祝)

ページの先頭へ